パートナーエージェント佐藤社長インタビュー3

パートナーエージェントのサービスが誠実な理由

パートナーエージェントでは面白いイベントも行っているそうですね。

はい。

パーティーは社員が中心になって考えています。

他にイベントアドバイザーとして演出のプロである放送作家が週2回ほど企画に参加していますので、プロの知恵も借りながら少しでもお客様に婚活の場を提供できればと思っています。


今まで好評だったイベントやパーティーにはどんなものがありましたか?

一番人気はやはり「居酒屋パーティー」です。

肩肘張らずに気楽に楽しめるのがいいのかもしれませんね。

でも、男性に人気なのは「1対1の見合い形式タイプ」です。

他にもカラオケパーティーやピクニック、農業体験なども企画しました(笑)。


面白そうですね〜。

でも、運動会の企画は参加者が集まりませんでしたね(苦笑)。

大人になって運動会に参加することもなくなってくるので盛り上がるかな!と企画したのですが、100人募集で10名程度しか参加希望がありませんでした。

とにかく失敗することを恐れずに面白いアイデアが社員から出るように心掛けています。


パートナーエージェントではみなさん正社員なのですね。

はい。

スタッフは全員正社員として働いています。

我が社の強みは【社員力】です。

一人一人の仕事に対する姿勢がお客様に良いサービスを提供し、その結果として成果が上がっていると思います。

例えば、データ条件だけでお相手を選ぶならば会員数の多い他社で活動された方が良いとアドバイスすることもあります。

条件だけでは表現できない中身も含めて紹介するのがパートナーエージェントの特徴だからです。

データだけで選ぶという人に「そうじゃないですよ!」と誠心誠意涙ながらに話し合ったことも過去にはありました。

こういうことも全員が正社員でお客様に真剣な姿勢でサービス提供をしているからだと思います。


今回のインタビューでもお客様との信頼関係を大切にしているのが伺えますね。

結婚相談所が不審に思われる理由の一つに広告表現があります。

「運命の赤い糸」や「運命の出会い」など、とても魅力的な表現をしている場合がありますよね。

でも、実際は業界平均は10%を切る成婚率なんですからそんなに「運命的な出会い」ってないんです。

それに「イメージキャラクター」などのイメージ戦略も不審の原因ではないかと思っています。

パートナエージェントでは誠実さをコンセプトにしていて、「不確かなことは言わない」ということをしっかりと守っています。

そうすることでお客様との信頼関係が築けるのだと思います。


それでは最近の婚活ブームについてお聞きしたいと思います。


TOPPAGE  TOP 
Copyright© since2009 婚活ならパートナーエージェント:成婚率が高い理由とは Allrights reserved.